光回線で迷っている時に知っておくべき双方のメリットとデメリット

まずはどこが事業を行っているかによって安心度は変わりますので知っておくことが重要です。

 

auひかりはスマートフォンや携帯電話などで利用している方も多いKDDIが事業を行っていますし、NURO光もプロバイダなどで知られているSo-netが運営しているのでどちらも大手の企業が事業を行っているので安心度はあまり変わらないでしょう。

 

光回線を利用する場合には毎月料金を支払う必要があるので毎月の料金の違いが少なくても1年単位で考えると大きな違いになるので比較する時には重要なポイントになります。

戸建の場合とマンションによって料金や初期費用などは変わりますが、マンションタイプの場合でauひかりのauひかりマンションミニというプランを利用する時には初期費用を除き月額5,000円の料金を支払う事によって利用することができます。

 

NURO光のマンションミニのプランの場合には初期費用を除いて4,743円の月額を支払えば利用することが出来るのですが、気を付けるポイントがありマンションミニというプランは2階よりも低い集合住宅でしか利用することができず、auひかりの場合には3階以上のマンションにも対応しているタイプがあるのですがNURO光の場合にはそういったプランはないので3階以上の場合にはNURO光を選ぶことはできません。

 

戸建の場合には初期費用を除きauひかりはギガ得プランの場合には5,200円になり標準のプランでは月額6,300円になり、NURO光の戸建の月額の料金はマンションタイプと同じ4,743円で利用することができます。

 

月額だけを比べたらNURO光の方が安いのですが、auひかりにはNURO光にはない3階以上のマンションでも利用できるタイプがあるので環境の違いを考慮して上手く選ぶ事が大切です。