光回線で迷っている時に知っておくべき双方のメリットとデメリット

まずはどこが事業を行っているかによって安心度は変わりますので知っておくことが重要です。

 

auひかりはスマートフォンや携帯電話などで利用している方も多いKDDIが事業を行っていますし、NURO光もプロバイダなどで知られているSo-netが運営しているのでどちらも大手の企業が事業を行っているので安心度はあまり変わらないでしょう。

 

光回線を利用する場合には毎月料金を支払う必要があるので毎月の料金の違いが少なくても1年単位で考えると大きな違いになるので比較する時には重要なポイントになります。

戸建の場合とマンションによって料金や初期費用などは変わりますが、マンションタイプの場合でauひかりのauひかりマンションミニというプランを利用する時には初期費用を除き月額5,000円の料金を支払う事によって利用することができます。

 

NURO光のマンションミニのプランの場合には初期費用を除いて4,743円の月額を支払えば利用することが出来るのですが、気を付けるポイントがありマンションミニというプランは2階よりも低い集合住宅でしか利用することができず、auひかりの場合には3階以上のマンションにも対応しているタイプがあるのですがNURO光の場合にはそういったプランはないので3階以上の場合にはNURO光を選ぶことはできません。

 

戸建の場合には初期費用を除きauひかりはギガ得プランの場合には5,200円になり標準のプランでは月額6,300円になり、NURO光の戸建の月額の料金はマンションタイプと同じ4,743円で利用することができます。

 

月額だけを比べたらNURO光の方が安いのですが、auひかりにはNURO光にはない3階以上のマンションでも利用できるタイプがあるので環境の違いを考慮して上手く選ぶ事が大切です。

auひかりとNURO光の判断基準

1.通信速度はNURO光

 

NURO光の利点としては、通信速度です。
auひかりと比べて、理論上の通信速度が、倍、速いです。

 

理論上とはいえ実際の速さに大きく影響がありますから、動画のやりとりをするなど、スピードが求められる使い方をしたいのなら、NURO光のほうがいいかもしれません。

しかし、youtubeの動画を見るだとか、その程度の利用法なら、体感的な違いはあまりはないでしょう。

 

2.料金はNURO光

 

料金は、どういう家に住んでいるか、で変わってきます。

戸建て住宅なら、NURO光の方が500円程度安いですが、マンションなどではau光の方が500円以上安いです。ただ、NURO光は直接光ケーブルを接続するので通信が安定してます。

 

無線のルーターなどを使用する場合、auひかりは、auを使っているかぎり、無料でルーターを貸し出してもらえます。

NURO光は、特に制限はなく、誰にでも無料で貸し出してくれます。

 

3.エリアはauひかり

 

ここまでの条件では、NURO光が優れている点が多いのですが、NURO光は関東地方でしかサービスを使うことができない、という点があります。

まだサービスが始まってからそれほど時間がたっていないためです。

 

4.プロバイダはauひかり

 

また、au光は7つのプロバイダから選ぶことができますが、NURO光はSo-netが提供しているサービスなので、So-netしか使えません。

ですから、いま使っているプロバイダにこだわりがあるとか、変えるのが面倒くさいとか、そういう考え方の人には向いてません。

 

5.まとめ

 

つまりまとめてみると、プロバイダがSo-netでも良く、関東地方のNURO光がサービスを提供している範囲に住んでいる人、特に戸建て住宅に住んでいる人はNURO光がおすすめです。

 

プロバイダが、So-net以外がいいとか、NURO光の提供範囲外の地域に住んでいる人や、通信相度は常識的なスピードがあればいいとか、au利用者などは、au光がおすすめです。