デルのゲーミングPC「ALIENWARE」シリーズの特徴

デルの特徴は何といっても価格の安さです。デルからはゲーミングPCとして「ALIENWARE」というシリーズが販売されていますが、こちらもデルらしくコストパフォーマンスの高さに定評があるPCです。

 

ALIENWAREには13、15、17と3つの種類があり、スペックが多少異なりますが、基本的には数字の大きさイコール画面のインチ数とお考えいただければ問題ありません。大画面でゲームを楽しみたいという方は、数字の大きなモデルを選択すると良いでしょう。

 

ALIENWAREには、最新世代のインテルプロセッサーをはじめ、NVIDIA GeForce GTX1600が搭載され、今後のゲーム業界で主流になるであろうVRにも対応可能となっています。高画質、大容量のゲームに対してもスムーズで滑らかな動作を期待でき、プレイ中にストレスを感じることがなくなります。

 

換気システムにまで気を配られた設計となっているので、PCが高熱状態になることも無く、フリーズといったゲーム中において考えられる最悪の事態も招きません。

 

そして特徴的なスペックとなっているのがキーボードの強さです。独自のキーボードを搭載しており、1分あたりで可能となるキーアクション数は108キーマンド以上という高性能スペックであり、1,000万回の打鍵にも耐えられる頑丈な設計ですから、ゲームに熱中してキーボードを叩く力が強まったとしてもすぐに故障してしまうリスクを避けられます。ゲーマーのために多くの工夫が施されたPCですから、ゲーム中の快適さは保障されていると言って過言ではありません。

ツクモの良い所と注意点は?

最初のツクモは秋葉原にて設立されました。
その後に事実上の倒産となりましたが、ヤマダ電機の子会社に引き継ぎされており、現在でもツクモのPCを購入することが可能です。

秋葉原には実店舗が6つあり、メーカー製のPCでも取り扱っています。
しかしゲーミングPCを購入するなら、ツクモのBTOPCの方が安いです。
オンラインゲームを楽しみたいと言う方におすすめなのがミドルタワー型のG-GEAR GA7J-H91/Tです。

PCのパフォーマンスを上げると安定性が悪くなることがありました。
しかしこのモデルではパフォーマンスの高さと安定性と両方兼ね備えていると言うメリットがあります。

そのためハイスペックが求められるゲームでも快適にプレイできています。
BTOPCは注文後に組み立てを行うと言った関係上、届くまでに時間が掛かります。
そんな時でもこのモデルなら3営業日が出荷予定となっており、早く届くのも良いところです。

他社では中国で組み立てしていると言う場合がありますが、ツクモでは国内工場で組立していますのでPCの信頼性も高くなっています。
動作検証もきちんと行っており、相性の悪いパーツで組み立てされると言った心配もありません。

BTOPCは価格は安いけどサポートが気になると言うことがあります。
しかしツクモはサポート面でも安心です。
他のBTOでもそうではありますが、ツクモでもカスタマイズし過ぎると価格が高くなると言う注意点があります。

 

パーツの優先順位と予算を事前に決めておき、予算を超えた分のカスタマイズについては諦めると言う方法がおすすめです。

ポケットWi-Fiでゲームをする注意点

光ファイバーなどの通信速度が早く、回線の安定性もある固定回線でゲームをするというならば、パソコンの性能がゲームをプレスできるスペックがあれば全く問題なくプレイできます。

しかし、ポケットWi-Fiでは通信速度も回線の安定性も固定回線に劣っていますので、ゲームをプレイするのに十分なスペックのパソコンであっても心配になります。それでも、ポケットWi-Fiは持ち歩くことが出来ますし、固定回線よりもコストが削減できることもあり、ポケットWi-Fiだけで固定回線を契約していない人も増えています。

 

結論を言ってしまえば、条件が揃えばポケットWi-Fiでもオンラインゲームもプレイすることができます。しかし、固定回線の方がオンラインゲームをするには適しているのも間違いありません。通信速度について言えば、最近のポケットWi-Fiは通信速度がどんどん高速化されて来ましたので、オンラインゲームをプレイするだけの通信速度は十分満たしています。

 

ポケットWi-Fiでオンラインゲームをプレイするときに問題になるのは、回線の安定性です。特にインターネットを通じて他のプレイヤーと対戦をするようなオンラインゲームですと、回線の安定性が足らなければラグが生じてしまうので対戦に不利になってしまいます。

 

回線の不安定性の為にゲームが不利になってしまうのであれば、オンラインゲームの醍醐味が薄れてしまいます。逆に対戦をしないのであればオンラインゲームを十分に楽しめることはポケットWi-Fiでも可能です。

速度制限のないWi-Fiについて

これからWi-Fiでインターネットを使いたいと思っている人も多いと思います。

特に自宅でインターネットをしようと思った時は速度制限のないWi-Fiを使いたいと思う人が多いと思います。

 

ですが、最近はいろんなWi-Fi端末を見てもなかなか速度制限のないWi-Fi端末が見つからないです。

大抵どのWi-Fi端末を契約しても速度制限があります。
その理由は簡単で最近のWi-Fi端末は従来のWimaxがなくなってWimax2+しか使えないものになっているからです。

 

ですから、これから速度制限のないWi-Fiを使おうと思った時はWimaxが使える端末を契約する必要があります。

それで速度制限なしでインターネットが使用できます。
この場合にどういう風にして端末を探せば良いかというと、モバイル端末でなく、据え置き型のWimax端末を探すと良いです。

そうすれば、WimaxとWimax2+を使い分ける事が可能になります。

ただ、これでいくらインターネットを使っても使いものにならないような事はないですが、Wimaxの回線を使用する事になるのでWimax2+ほど速度は出ない事は覚悟しておく必要があります。

 

ですが、最低でも1M歯速度が出るので使えないという事はないです。実際に通信制限になった場合は本当にホームページの閲覧すら難しくなるので使いものにならないですが、この据え置きタイプのWimaxの端末なら速度制限のないWi-Fiなので安心して使用できます。

 

なので通信制限を気にせずWi-Fiを使いたいなら据え置きタイプのWimaxを使う事をおすすめします。

ネット回線は、いくつかの選択肢から選ぶことができます

インターネットはここまで一般的になっているとはいえ、携帯電話やスマートフォンでのアクセスが一般的になり、パソコンを購入してもいざ、どうやって接続しようかと悩む女性も多いかと思います。
いくつかポイントを挙げてみたいと思います。
まず、そこパソコンを屋外でも同じようにインターネットに接続して使いたい場合です。この場合はモバイルWifiルーターを契約しましょう。

 

既にお使いのスマートフォンの通信キャリアと追加契約もよし、または使いたい放題のプランがあるWimaxの回線でもよし。ちなみに使いたい放題のWimaxの回線を選択するのであれば、自宅に固定回線インターネットは必要ありません。もちろん、自宅の中がエリアかどうかは事前に無料レンタルなどで確認が必要ですが。

 

そして、固定回線インターネットとして契約する場合、大きく2つの選択肢があります。

 

まずは光回線です。こちらはまず、自宅、もしくはマンションに光回線がつながっているかどうかを確認して通信キャリアに連絡の上、申し込むことになります。

 

これとは別の選択肢がケーブルテレビです。実際にケーブルテレビを利用するのであれば、ケーブルテレビインターネットを契約すればセット割引もありますのでお得かもしれません。

 

大きく分けると屋外屋内兼用のモバイルWifiルーターの契約、光回線インターネット、ケーブルテレビインターネットです。いずれも契約、そして設定もサポートが充実していますのでそれほど契約後に困ることはありません。
すぐにインターネット接続可能だと思います。

auひかりとNURO光はどちらを選ぶべきか。

ひかり回線を選択する判断材料は一般的な使い方をされるだけであれば料金、スピード、初期費用やキャンペーンなどがポイントではないでしょうか。

 

1.料金

au_kddi_com

まずは、料金です。
auひかりは、戸建タイプだと5200円、集合住宅だと3800円です。
NURO光は、戸建タイプ、集合住宅の区別なく4743円です。

 

料金だけだと戸建タイプはNURO光が、集合住宅はauひかりがお得と言えます。

 

2.スピード

nuro_jp

次に気になるのはスピードです。
実速度は利用環境などによって異なりますが、auひかりは最大1Gbps、NURO光は最大2Gbpsで、スピードはNURO光に軍配が上がります。

 

また、NURO光では無線ルータが無料であるのもポイントが高いです。
せっかく光にするのですから早いに方が良いに決まっていますが、1Gbpsもあれば約5分の動画も1秒とかからずダウンロード可能ですので、一般的な使い方をされるのであればどちらでも十分でしょう。

 

3.初期費用

 

そして、初期費用です。
auひかりは登録料に800円、それにプラスして工事費が戸建タイプ37500円、集合住宅が30000円、NURO光は39900円ですが、工事費は両社共にキャンペーンで無料になっていることが多いです。

 

それにプラスしてauひかりは月額料金が最大2ヵ月無料、NURO光は初月無料です。
ただし、auひかりの2ヵ月無料はプロバイダやプランに条件があります。

 

どちらも甲乙つけがたいですが、お住まいが戸建か、大容量のデータを扱われるのであればNURO光、集合住宅ならauひかりでしょうか。

 

ただ、auひかりはauスマートフォンの、NURO光はソフトバンクスマートフォンの利用料金が割り引かれるサービスもありますので、お持ちのスマートフォンで選ぶのも良いと思います。

auひかりからNURO光に乗り換えました

私は現在NURO光の光回線でインターネットを楽しんでいます。

ですが、以前はauひかりでした。乗り換えたのです。

 

きっかけはauひかりの更新が近づいてきて、他の光回線についても調べてみようと思ったのです。

光回線に切り替えた際に、あまりよく考えずにauひかりを選びました。

 

でも他にも光回線の業者があるのが分かりまして、比較してみて継続するか乗り換えるかを決めようと考えました。
そして候補として挙がったのがNURO光でした。

 

ADSLから光回線になってスピードが上がったのは良いのですが、月額費用もアップしてしまいました。

確かに速いのは嬉しいものの、それまで使っていた格安のADSLと比べると少し気になっていました。

 

少しでも抑えたいと思っていましたので、500円ほど安くなるNURO光は魅力的でした。

さらに調べると、速度も速くなる事が分かりました。

 

auひかりでも凄く速いのに、それより速いとは驚きました。

NURO光は世界最速なのです。

 

そして乗り換えの決定打になったのが、スマホ料金も割引になるという点でした。

ソフトバンクのスマホを使っていると、月額1410円の割引になるのです。

 

そこで更新月になってすぐNURO光に乗り換えたのです。

費用も安くなって、速度も上がって大満足ですね。auひかりとNURO光を比較するなら、私はNURO光をおススメしたいと思います。

 

特に現在ソフトバンクの携帯端末を使っている人はNURO光が良いですよ。

NURO光のメリットは通信速度で、デメリットは通信エリア

光ファイバーを使ったインターネットサービスは回線事業者によって色々な違いがあります。

そして、最近「NURO光」というサービスが提供されるようになったため、既存の「auひかり」と比較する人も少なくありません。

 

NURO光は最速の通信速度を誇ります。

ベストの環境においてという条件付きではありますが、下り最大2Gbpsの通信速度になっており、この速度を持つのはNURO光のみです。

auひかりはどんなに速くても最大で1Gbpsまでしか出ません。とにかく速度を重視したいという人にはうってつけの回線です。

 

月額料金の点では、NURO光は戸建てタイプやマンションタイプに関わらず、月額料金は4,743円です。

そのため、マンションタイプではauひかりより料金が高くなることがありますが、配線が他の住居者と共有しないため、通信スピードが落ちると言う心配がありません。

 

一方、auひかりの月額料金は戸建てタイプは5,200円と一律ですが、マンションタイプの場合は環境によって3,400~5,000円と異なっています。

NURO光の弱点はSo-netが始めた回線であるため、プロバイダがSo-netのみとなることです。

 

auひかりではauonenetを始め、ASAHIネット、BIGLOBEなど、8社のプロバイダが利用できます。

そして、NURO光はまだ始まったばかりのサービスのため、関東エリアでしか提供されていません。

従って、関東エリア以外では利用したくても利用することができません。auひかりはほぼ全国で利用可能です。

なお、auひかりはKDDIの提供するサービスであるため、「auスマートバリュー」の特典によってスマートフォンの月額利用料が割引されます。

スピードならNURO光、すぐに導入したいならauひかり

有名な回線として提供されているのがauひかりです。

国産の回線ではかなり速いスピードを誇っているだけでなく、費用が安いという特徴を持っています。

 

更にauとの契約によって更にお得な契約が出来るようになっています。

auを利用している方はこの回線を選ぶ方がお得感があります。

 

また回線の工事自体はすぐに終わるという良さもありますので、すぐに導入したいと思っているならauひかりの方が使いやすいのです。

 

ただ光回線の割には安定感が足りていないのか、すぐに回線が途切れてしまうことがあります。

安定感という部分ではちょっとかけている回線なので、導入する場合は安定して利用出来る状況を作ることが必要となります。

 

一方ここ最近登場してきた回線がNURO光です。

これは世界でも一番早いと言われているくらいの超高速回線を武器にしており、そのスピードはギガクラスとなっています。

 

その上値段が安くてセキュリティが万全の態勢を整えています。

そのため安心感とスピードの両方を実現してくれる優れた回線なのです。

 

しかし工事に時間がかかってしまう問題を抱えており、工事が完了するまでには1ヶ月もかかってしまいます。

中の工事だけでなく外の工事もしっかり行う必要があるため、どうしても時間はかかります。

 

そのためすぐに導入できないということがあり、回線を変えるということ以外ではなかなか工事に踏み切れないという問題もあります。

スピードならNURO光ですが、すぐに利用したいならauひかりの方が早くなります。

au光とNURO光では割引きとエリアを比較して選ぶのがおススメです

auユーザーはauひかり、SoftbankユーザーはNURO光がお得!

 

au光とNURO光ではどう違いがあるのか気になりますよね。

利用者としては一番気になるのは月々の料金だと思いますが、NURO光では月々4743円、au光では月々5200円で、どちらも税抜き、プロバイダー料金が込みの金額になっています。

 

料金を比較するとNURO光の方が500円安く利用する事が出来ますが、気にするのはこの価格だけではダメです。

au光とNURO光にはそれぞれスマートフォンとのセット割が適用されます。

 

au携帯なら1410円割引

au_kddi_com

しかしau光の場合はauスマートバリューの適用になるので、auのスマホを持っている人のみ、最大で1,410円の割引が適用されます。

 

Sohtbank携帯なら1522円割引

nuro_jp

NURO光にはソフトバンクのスマホBB割が適用されるので、ソフトバンクのスマホを持っている人のみ毎月1,522円の割引が適用されるのです。

 

自分がソフトバンクかauのスマホを契約しているのであれば、割引が適用される方と契約をした方が月々の料金を安くする事が出来ます。

auのスマホを使っているのに料金が500円安いからとNURO光にしてしまうと損をしてしまうので注意しましょう。

 

回線速度はNURO光

nuro_jp

料金以外では、NURO光が回線速度の速さが1番早く、下り最大2Gbpsという世界最速の速さに対し、au光は最大で1Gbpsです。

速さで比較するとNURO光の方が速いですが、au光の速度でも充分に速いので、「1番早くなければ嫌!」というこだわりがなければどちらでも好きな方で良いでしょう。

 

対応エリアはauひかり

au_kddi_com

NURO光が速さ、料金共に1番である事は確かなのですが、気をつけなければならないのが、全国どこでも利用出来るわけではないという事です。

提供エリアが限られており、東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、栃木、茨木のエリアのみ利用が出来るので、利用可能なエリアかどうかをまず確認しておきましょう。