auひかりは住んでいる地域により引き込み可能な高さが変わる

auひかりへの切り替えを行なう際に、一戸建てならばauひかりホームへ申込みすると良いでしょう。auひかりマンションタイプに対応している建物は少ないので、首都圏の対応マンション以外は、集合住宅であってもauひかりホームタイプを新たに引く必要があります。

 

しかし、auひかりホームタイプには引き込み可能な高さに違いがあるので、転居予定がある人は特に注意が必要です。
auひかりホーム(S)とエリア検索結果に出てきた場合には、NTTから借り受けた光ファイバー線を利用するので、建物の高さが2階建て以下ならば引き込み工事可能です。3階建ての建物の2階に住んでいる場合には、引き込み工事NGとなると知っておくと良いでしょう。

 

一方、首都圏と前橋市で対応しているauひかりホームは、KDDIと東京電力が独自に光ファイバーを敷設した地域ですから、NTTの光ファイバー線よりも1mから2mほど高い位置に光ファイバー線が別途敷設されています。光ファイバー線は上空方向に釣り上げると折れやすい性質があるので、KDDIが自前で光ファイバー線を敷設している地域に限り、3階建て以下の建物まで引き込みが可能です。

 

集合住宅にauひかりホームタイプを導入しても、auスマートフォンを持っていればauスマートバリューの適用を受けられるので、フレッツ光マンションタイプと近い価格で高速な光ファイバー回線を利用可能となります。auひかりを導入する際には、住んでいる地域の影響を受けやすいと覚えておくと良いです。